様々な正しい姿勢


姿勢という言葉は背筋をピンと伸ばすことだけではなくいろいろな場面で使われます。
 
  仕事に取り組む姿勢
  勉強の姿勢
  人の話を聞く姿勢

表面的に整えるだけではなく、もう少し深い意味を持ちます。心構えのことですね。
鏡を見て、身支度を整えた後に一呼吸、自分の目を見つめ、その奥に入ってみましょう。

心と体がフィットします(^^)
行動に力を添えるのは、姿勢です。行くべきか引くべきかも瞬時にわかります。
心を体で表現するとしたら、それは姿勢なのではないでしょうか。

また、出かけるときの洋服選びはTPOに応じて、会う相手によって決めていると思います。
その時にどのような気持ちでその服を選ぶか、が実は相手にストレートに伝わっていると思って間違いありません。

その時の気持ちの持ちようが、洋服より先に相手に伝わります。それも会った瞬間に!
 
 そして、そこに行くことを楽しんでいるかどうかが、背中に出てしまうのです。
喜びをもって出かけるときは、背筋が伸びています。
気持ちが重く出かけるときは、肩が落ち、背中は丸くなります。

ついでにお腹もぽっこりと出てしまう。・・・
だから、気をつけましょう!少し気が重い日は、特に背中をバシッと決めましょう(^^)/


またパソコンを使う時は、適切な姿勢で作業できるように机や椅子を調整し、
ディスプレイやキーボードの置き方を工夫することがポイントです。

ディスプレイは、作業する人にとって使いやすい位置、角度、明るさに調整します。

キーボードを使う入力作業は細かくてすばやい動きが続きます。
細かい動きを行なう筋肉は、疲労しやすいといわれています。また、肘から先に集中した動きが多く、他の部分の運動をほとんど伴わないため、長い時間、同じ姿勢でいることになります。その結果、部分的に血行が悪くなり、首、肩、腰などに、疲労や痛みを感じることがあります。

ですから手首は前腕(肘から手首までの部分)に対して、真っ直ぐ伸ばすようにします。
キーボードは身体の正面に置き、身体がねじれないようにします。

★管理人オススメのお得なサービス活用情報★

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

正しい姿勢:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/shisei/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット