ロードバイク乗り方講座


ロードバイクは普通の自転車と違い、上体が前傾するポジションなので乗り始めの頃は苦労する方が多いですね。では、初心者のためのロードバイク乗り方講座をまとめてみたいと思います。
ロードバイクに乗る時には、利き足をペダルに掛け逆の足を地面につけるのが乗る前の姿勢となります。


上半身を起こして手をハンドルバーの上またはブラケットの上に置き、軽くブレーキを掛けておくとバイクが安定します。

走り出しのときは、片足をペダルに固定しておき走り出しやすいようにクランクを進行方向と逆に回して自分の漕ぎやすい角度にしておくこと。注意点としてもう一方のペダルにシューズを固定するときに下を見てしまうと危ないですから、下を見ないでペダルをキャッチできるように練習する必要がありますね。

またぎ方は、両手でハンドルを支えて膝を曲げて、利き足で降臨側からサドルをまたぎます。
そしてペダルを利き足でキャッチしたときに踏み出しやすいようにダウンチューブ辺りまで上げておきます。


ロードバイクはランディング時に前傾姿勢で乗るのが困難な設計になっているので、肘を突っ張った姿勢で上体を支えてしまいがちですがこの状態では路面からの衝撃を吸収できず、ムダな力が入ってしまいますので慣れるまで大変だと思いますが、肘を軽く曲げて腹筋・背筋・上腕三頭筋で体重を支える乗り方でいきましょう!


>>人気のロードバイクパーツ通販情報はこちら<<

また、自転車で歩道を走っている方もいますが自転車は道路交通法では軽車両にあたり、本来は車道を走行することになっています。ローババイクは特に段差にハンドルを取られやすいので歩道を走るのはおすすめできません。

ハンドルのポジションは、ロードバイクではドロップハンドルという独特の形をしているので、状況にあわせてハンドルポジションを買えることでライディングは快適になります。
基本のハンドルポジションは、プラケットに親指をかけてブレーキバーに人差し指をかけたポジションです。
基本ポジションでは、すぐにブレーキをかけられることがメリットです。
リラックスポジションは、基本ポジションよりも後方に手をずらしたポジションで、上体が起きて呼吸が楽になり、披露回復に用います。

☆お得なヤフオク出品情報もご参考に☆


ロードバイクのパーツ出品情報はこちら


スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ロードバイクポジションの悩み解消
ロードバイクのポジションには慣れるまで悩まされる方が多いですね。もちろん、私も......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

今日から始めるロードバイク入門:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/roadb/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

ダイエット方法