ロードバイクのメーカーと特色


ロードバイクのメーカーには、トレック・コルナゴ・ピナレロ・オペラ・FELT・BHなどおすすめメーカーがたくさんあって、メーカー選びにも迷ってしまいますね。ここではロードバイクのメーカー選びの判断ポイントをまとめてみました。

メーカーではそれぞれに特徴がありますので、アルミフレームが得意なメーカー、カーボンが得意なメーカー、ハイブリッド(アルミとカーボンの融合)が得意なメーカーなど色々ありますので自分の乗り方に敵ったメーカーを選ぶといいです。

他にも予算だったり、自分のサイズに合うフレームのロードバイクの在庫の有無、納期の長さなどもポイントになりそうですね。デローザではフルオーダーも可能ですが納期がとても長かったりしますのでそれを待てるかどうかなども判断ポイントになるかと思います。個人的にはNAKAGAWAのフルオーダーはいいです♪

国別で見てみると、イタリア・アメリカ・フランス・台湾・国産などがあり、ロードバイクの本場はイタリアですから、高価ですけどデザインの美しさと購入後の満足感は間違いないです。イタリア製ではデローサ・ピナレロが高級ブランドでビアンキ・ジオスはお手頃かと思います。


予算的には、アメリカ製や台湾製がいいかと。25万前後でオールカーボンが買えるのは魅力的でもあります。イタリア製と比べると軽いですし。トレック・キャノンデール・スペシャライズド辺りがアメリカ製ではおすすめです。


>>人気のロードバイクパーツ通販情報はこちら<<

歴史の観点から見てみると、ロードレーサーはヨーロッパ発祥でレースで活躍してきたブランドが1954年操業のコルナゴです。90年代らアメリカ・アジアブランドが台頭してきました。
これに対抗して、ロードレーサーの高級路線にいち早く着手したブランドですね。
コルナゴのライバルが1953年創業のピナレロです。高級路線に乗り遅れたピナレロは先進化に走り、90年代に技術トレンドをリードし92年から97年までツール・ド・フランスで6連勝と圧倒的な強さを誇りました。
このピナレロの記録を破ったのがアメリカのトレックです。
以降は長くなりますので割愛しますが、メーカー選びである程度ご自身の嗜好が固まってきましたら、ショップの方によく相談するのがベストだと思います。

納得のいく一台に出会えるといいですね!

☆お得なヤフオク出品情報もご参考に☆


ロードバイクのパーツ出品情報はこちら


スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

今日から始めるロードバイク入門:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/roadb/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

ダイエット方法