ロードバイクのパンク修理


ロードバイクで走っていて初めてパンクした時はビビりますね!
ロードバイクトラブルシューティングとしてのパンク修理方法を書いてみました。

ライディングの際に道に落ちていた画鋲がささったりと、初めてロードバイクがパンクした場合は、チューブの交換やタイヤの交換などが必要なのか解らなかったり、どの程度の処置をしたらいいのか解らないと思います。

まずはパンク修理のための外し方ですが、タイヤレバーには舌の様な所と反対側は鍵の様になっています。舌の所をワイヤーに差し込んで反対側の鍵の部分をリムに引っ掛ける、それはそのままにして後2本ぐらい同じようにすれば外れます。


チューブはパンク修理セットで穴をふさげば、新しいチューブを買わなくても済みます。このやり方は説明書に書いてあるとはずなので、それに従ってやると簡単にできます。またチューブを交換するのであればPanaracer,Vittoria,michelinなどが定評があるのでオススメです。


>>人気のロードバイクパーツ通販情報はこちら<<

また外した後の取り付けは、新品タイヤですと硬いのですが、それでもチカラを入れて手ではめるようにしてください。これがチューブを痛めないための方法です。
画鋲でのパンク程度ならば、タイヤはそのまま使用して問題ないと思います。

チューブは耐パンクを考慮したものもありますから一度ショップを覗いてみてください。(チューブに入れる液体状のパンク防止剤はバルブが固まったりする原因になるのでオススメしましせん)

☆お得なヤフオク出品情報もご参考に☆


ロードバイクのパーツ出品情報はこちら


スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

今日から始めるロードバイク入門:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/roadb/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

ダイエット方法