坪庭に最適な水盤モデル


坪庭の必須アイテムである水盤は今とても人気が高いようです。
従来の本格的な水鉢に比べ、軽量で狭いスペースや難しい場所にも使えることから庭に少し水が欲しいときに気軽に配置できることも人気の背景だと思います。
水盤を経て坪庭に至るという坪庭の世界観を流れとして演出するのにとても相性が良く、坪庭デザインのお手本とされるような日本庭園からモダン坪庭にまでジャンルを問わず多くの愛好家の注目を集めています。


坪庭に用いる水盤とは、人工石であるものが多く価格も4000円代からとリーズナブルであることも挙げられます。
中庭としての坪庭・浴室の坪庭・庭木としての坪庭など、様々なシーンで趣深いアレンジに使える一品です。

中には天然石で作られた水盤が5000円程度で販売されており、人工石のものと違い、この世に同じものは2つとない。というのも心をくすぐられてしまいますね。一般的に坪庭に使用する水盤の大きさは幅30センチ程度、3センチ程度彫り込まれており、その中に生け花など添えてみると、よりいっそう格式高い世界観が演出できること請け合いです。


坪庭の水盤をお探しの方にwebで探せる代表的な会社を幾つかご紹介いたします。
株式会社日本石創さんの水盤は、天然石が出す自然の風合いを再現した人工石を素材として用いることで大変リーズナブルな水盤をリリースしています。
http://www.sekisou.co.jp/products-shh.php

石デパさんでは、天然石を素材としながらも単一仕様ですが格安の水盤をリリースしています。http://www.ishidepa.co.jp/

また木炭を素材とした水盤を制作されている工房かづ野さんは、値段は高めですが別格の魅力溢れる水盤をリリースしています。http://www.sumist.com/html/index.html

> >>注目の坪庭通販情報はこちら<<

入荷数が少なくすぐに売れ切れになっているようですが、新光園さんの水盤SUIBANシリーズには大小さまざまなものが入荷しているのでチェックしていると掘り出し物に出会える予感を感じさせます。http://www11.plala.or.jp/sinkouen/mizubati.htm

私の個人的な夢としては、水盤から流れる水が池に流れ出すまでの坪庭をいつか作ってみたいと思っています。本格的な水回りシステムは、配置やメンテナンスなど大変な作業でもありますので、まずは入門編としての坪庭デザインとして、庭の一角に水を入れたい方に水盤の導入は特におすすめですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坪庭大百科:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/niwa/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット