ハント症候群の治療方法


ハント症候群とは、正式には「ラムゼイハイト症候群」と呼ばれるもので、ヘルペスウイルスが内耳や顔面神経、前庭神経などに感染することで顔面神経の麻痺・耳鳴り・めまい・難聴などの症状が現れる病気です。
ラムゼイハイト症候群になると、まず頭痛や耳痛が現れ、次に耳の入り口付近や周りにかゆみを伴う赤い水疱ができます。そしてハント症候群としての症状が重くなるとヘルペスウイルスが顔面神経に感染した影響で、片側の目が閉じなくなったり、口を閉じることが出来なくなるなど顔面麻痺が起こります。

ラムゼーハント症候群の初期症状であるめまいは早く治るケースが多いですが、難聴や顔面麻痺は後遺症として残るケースもありますので、ハント症候群の病院として耳鼻咽頭科へ通院して、抗ウイルス薬、ステロイド薬の服用や点滴注射を行うなど、早期の治療が望ましいところです。

ラムゼーハント症候群の原因は、子供のころに水疱瘡にかかったときのウイルスが体に潜伏していることで、何かの拍子に活性化することで帯状疱疹として現れます。帯状疱疹は体の神経の形に添うように現れますので、耳やその周りの神経に沿って帯状疱疹が出た場合は、耳やその近くにある顔の神経までが影響を受けることになってしまいます。
ハント症候群の治療を始めると、痛みは1ヶ月程度で消えるケースが多く、顔面麻痺や難聴のケースでは軽度ではほとんど回復するそうです。重度の場合は50%くらいの方が麻痺が残るとの報告が寄せられています。

★管理人オススメのお得なサービス活用情報★

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ハント症候群の治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/hunt/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット