学習障害児の特徴とld学習障害の症状・有名人

学習障害とは、読み・書き・そろばんなどの学齢期で身につけていく学習分野や、話すこと・聞くこと・推察することなどの能力のうち、特定の分野で習得や使用することが大変困難であるものでLDと呼ばれる学習障害児たちは、学習に対して努力していても成績に反映させることが困難であり、学習障害と診断された場合は中枢神経に何らかの機能障害があると考えられています。

親から見ると本人に勉強に対してのやる気がないとか、親の教育に問題があると責任を感じてしまいがちですが、もし下記でご紹介します学習障害の症状や特徴に幾つか該当するところがあるようでしたら、一度学習障害の診断を受けて早期発見し、適切な対応を理解するのもいいかと思います。

学習障害の特徴としては、文字では「学習」の障害と表記されているため、読み・書き・そろばんなど学校で習う勉強科目だけに限定されるイメージがありますが実際には運動動作や対人関係、自分の行動に対して律することなども学習障害児の定義に含まれると感じていて、診断ではアスペルガーや自閉症の特徴と混同されがちですが、学習障害の場合は指導の仕方が違ってきますので対応を間違えて、学習障害の二次障害とならないように適切な判断が必要となります。

学習障害の症状で有名なものには読時障害という本を読んで内容をすぐに理解することが困難というものがあり、俳優のトムクルーズも本が読めない学習障害(読時障害)があると告白しています。学習障害の算数面では、くり上がりの計算が苦手な子供が多く、繰り上がった数字を忘れてしまうためと考えられています。

スポンサードリンク


話すという面では理路整然とした相手に解りやすく話すという整理能力や文法などの規律だったことを意識して話すことが苦手である傾向にあり、話しが飛んだり一方的であったりする場合があります。


>>学習障害のオススメ書籍(送料無料)<<

聞くという面では学習障害児の50%くらいが注意欠陥多動性障害(adhd)を併発していることがあるように、相手の話しを集中して聞くことが困難な場合があります。

学習障害の対応や治療法としては、基本的には絵カードや写真など視覚にも訴えかける教材を使用して子供の理解を確かめながら、子供が興味を持つようなテーマを選びながら丁寧に順序立てて指導していく必要があります。これは根気が必要ですが学習障害の原因は本人のやる気などの問題ではなく中枢神経の機能障害ということで、誰の責任でもありませんので現状を正しく理解して子供にあった教育指導を行っていただければと思います。

学習障害の有名人を例にあげると、先ほどのトムクルーズやジミー大西、五十嵐めぐみ、黒柳徹子、宮沢りえなどの芸能人がそうではないかと話題になっています。他の障害に関するページでも記載していますが、障害もまた一つの個性として支援する側の方にも正しい理解と、子供の良い面を伸ばしていく指導を心がけていただければと思います。

学習障害の診断基準は病院にて行っているところが多く、学習障害のための塾や教材、学習障害児を支援する学校なども多数ありますので役所の福祉課窓口や検査のために病院を訪れた際に聞いてみると地域に根ざした良い機関をご紹介いただけると思います。


また下記のフォームから、行政の福祉支援サービス有効活用方法を解説した無料レポートをダウンロードいただけますのでぜひご登録ください。
☆レポートの対象となる読者さまは、障がいのあるお子さんを育てているご両親向けの内容となっています。障害者向けの内容ではありませんのでご了承ください☆

氏名
姓: 名:
E-Mail ※
行政の福祉支援サービス有効活用方法の詳細はこちらからご覧いただけます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ディスレクシア【読み書きの障害】
ディスレクシアという読み書き能力が先天的に苦手であるという障害が日本でも近年にな......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

障害者をあたたかく支援:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/handy/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット