アスペルガー症候群 大人 と自己診断テスト


様々な障害という認識が一般に知られるようになったのは、ここ10年くらい前からだと思いますが、アスペルガー症候群(高機能自閉症)はその中でもマイナーな存在として、大人になってから自分にはアスペルガーの症状があると診断されて納得するケースが増えているようです。

子どものアスペルガー症候群は、保護者である親が接し方などを理解されて、子どもが社会で生きやすくするための努力や配慮を行ってくれることもありますが、大人の場合だと自分でアスペルガー症候群の特徴を理解したり、その上で社会生活のバランスを取っていくなど大人であるだけに難しい問題がたくさんあります。

高機能自閉症やアスペルガーなどの障害は3才くらいには特徴や症状が現れるので診断も大人と比べると割とハッキリと認識できるものですが、大人のアスペルガーは本人は早い時期から自分が他の人と何か違っていると分かっているようですが、診断では統合失調症や躁鬱病と似た症状であることで、人格障害と間違われて診断されることも多いようです。最近では総じてアダルトチルドレンと呼ばれることもあるそうですが、もし大人になってから自身に障害があることに気付かれた場合にはアスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」がとても役立つと言われています。

スポンサードリンク


大人のアスペルガー症候群は300人に一人の割合と言われているので、誰でも一度くらいは独特な個性の人だなぁという印象を感じながら交流しているんだと思います。


 >>アスペルガー大人のオススメ書籍(送料無料)<<

大人のアスペルガーの特徴は、KYという略語が流行りましたが場の空気を呼んだり、相手の気持ちを察する想像力が弱く、一方的に話しをするが人の話しはあまり聞かなかったりなど「長島茂雄」さんのようなキャラと想像していただければ解りやすいかと思います。長島さんのように野球という一芸に秀でている場合は、天才としてアスペルガーの症状が良い方向に作用することもありますが、一般社会に身を置く場合は人付き合いのうえで円滑な折り合いを付けることが難しく、周囲の理解が必要となります。

仕事面では人とあまり関わらずメカに没頭するような、エンジニアやプログラマーなどの仕事ですと並外れた成果を上げることもあります。かの有名なマイクロソフトのビルゲイツ氏も軽度のアスペルガー症候群と言われています。

大人のアスペルガーを知りたい方には佐々木正美さんの書かれた「大人のアスペルガー症候群」がとても平易な言葉で書かれていて参考になります。また同氏による思春期のアスペルガー症候群も評価の高い一冊ですので、おすすめです。

もしかしたら自分もアスペルガーかもと心当たりのある方も少なからずいると思うのでアスペルガー自己診断のできる診断テストのサイトをご紹介いたします。
http://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html
上記のサイトでは50問の質問に4託で回答していくことで、アスペルガー度合いの自己診断テストが点数付けされます。ちなみに私もやってみたところ15点という結果となりました。


また下記のフォームから、行政の福祉支援サービス有効活用方法を解説した無料レポートをダウンロードいただけますのでぜひご登録ください。
☆レポートの対象となる読者さまは、障がいのあるお子さんを育てているご両親向けの内容となっています。障害者向けの内容ではありませんのでご了承ください☆

氏名
姓: 名:
E-Mail ※
行政の福祉支援サービス有効活用方法の詳細はこちらからご覧いただけます。

★管理人オススメの通信教材★


スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

アスペルガー症候群 有名人(イチローからゴッホまで)
アスペルガー症候群は最近になってテレビや映画などで取り上げられることに一般にも......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

障害者をあたたかく支援:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/handy/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット