adhdの症状・特徴・原因

ADHDとは、頭文字をとった略称でありattention(注意) deficit(欠陥) hyperactivity(多動性) disorder(障害)の意味であり、一昔前はaddと称され日本語名では注意欠陥多動性障害と呼ばれています。

adhd児童の特徴および症状としては、一つのことに対する集中力を維持することが困難であり、衝動的な行動を抑えられなかったり、授業中に席を立って徘徊したり先生の発言に横から口を出すなどの忍耐力の欠如などが代表的です。

統計的には、adhdの男女比は3対1で、男児では多動性タイプが多く女児では白昼夢タイプが多いとされています。アメリカの場合は子供の3%〜5%くらいがadhdに該当し、adhdの症状が大人になっても続く割合は30%〜70%と言われています。

adhdの原因としては、様々な議論がありますが一般的に胎児期の母親の喫煙やアルコールの摂取、食べ物、遺伝や12時間以上に渡る分娩、出産時の脳などの損傷などと言われています。

スポンサードリンク


ADHD児童の場合は、言っていることに従わなかったりルールを忘れたりなどの症状から学校生活において周りの子供たちと協調的に生活していくことが難しく、クラスで孤立していく危険性が心配されます。


 >>ADHDのオススメ書籍(送料無料)<<

親としては、それが性格なのか疾患なのか判断が難しいところですが、子供がadhdの特徴に当たると思われた場合は診断を受けて適切な対応を早期に検討することが望ましいです。

子供がADHDだとしても親としては、過度に自分の育児を責めることなく学校や担任の先生と理想的な協力体制を築くことがポイントです。周りの親の中には、そんな子供とうちの子供が同じ教室で学ぶことを嫌がる方がいることも事実です。ですが、adhdの子供にはサポートが必要ですし、それを権利として要求できる法律が施行されていますので、忍耐強く前向きに胸を張って親子で生きていけるような環境作りを目指していきましょう。


また下記のフォームから、福祉支援サービスの有効活用方法を解説した無料レポートをダウンロードいただけますのでぜひ登録してみてください。
☆レポートの対象となる読者さまは、障がいのあるお子さんを育てているご両親向けの内容となっています。障害者向けの内容ではありませんのでご了承ください☆

氏名
姓: 名:
E-Mail ※

行政の福祉支援サービス有効活用方法の詳細はこちらからご覧いただけます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

adhdの有名人たち
ADHDの有名人というトピックが話題になっていますが、障害も個性である好例とし......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

障害者をあたたかく支援:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/handy/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット