障害者年金と受給資格

身体に障害を負った方に支給される障害者年金の概要と受給資格をまとめてみました。
ご本人にとって障害を負った場合に障害年金が支給されるかどうかは死活問題であると感じましたので、参考にしていただければ幸いです。
障害年金の受給要件としては、以下の3項目がありますのでまずはご確認ください。

1.傷害の原因となった傷病の初診日が、国民年金又は厚生年金保険の被保険者期間中であること。
2.初診日の前日までに一定期間の保険料が納付されていること。
3.障害認定日において、障害の程度が政令に定められた一定の基準以上であること。

また、20才前傷病による障害基礎年金としては、20歳に達する前に初診日がある病気やけがで障害になった場合、20歳に達した時(障害認定日が20歳以後の場合は、その生涯認定日)に、障害の程度が1級又は2級の状態にあれば、障害基礎年金が支給され、20才に達した時あるいは障害認定日に障害基礎年金に該当する障害の状態でなくても、その後65歳に達する日の前日までに該当すれば、本人の請求により障害基礎年金が支給されます。

スポンサードリンク


障害年金の事後重症制度というものもありまして、初診日から1年6ヵ月を経過した障害認定日には、一定の障害の状態に至らないため障害基礎年金の至急を受けられなかった者が、その後障害が悪化し、一定の障害の状態に至った場合には、65歳に達する日の前日までに請求を行い、障害基礎年金の支給を受けることができますので、覚えておかれるといいかと思います。


 >>障害年金のオススメ書籍(送料無料)はこちら<<

また、一定の障害の状態(3級以下)にある人が、新たに発した傷病のため障害が重くなる例はよくあります。この場合新たな障害と既存の障害とを併合して65歳に達する日の前日までに国年令別表の2級以上の障害の状態となった時、障害基礎年金を請求できます。

最後に重度の障害を負った場合、その等級に応じた障害基礎年金を受けることが出来るのですが、中にはこれを受けることが出来ない障害者たちが12万人いると言われています。

無年金障害者の会というサイトがネットにございますので、こちらの会では無年金障害者の救済と無年金障害者を生み出さない制度改正を目指して活動しているとのこと。

対象者は学生無年金障害者・主婦無年金障害者・在日外国人無年金障害者・滞納無年金障害者・無年金障害者(障害状態が軽いと評価されたために無年金になっている場合)となっていますので、興味のある方は一度検索してみてください。


また下記のフォームから、福祉支援サービスの有効活用方法を解説した無料レポートをダウンロードいただけますのでぜひ登録してみてください。
☆レポートの対象となる読者さまは、障がいのあるお子さんを育てているご両親向けの内容となっています。障害者向けの内容ではありませんのでご了承ください☆

氏名
姓: 名:
E-Mail ※

行政の福祉支援サービス有効活用方法の詳細はこちらからご覧いただけます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

精神障害者年金と受給資格
精神障害者年金とは、正確には障害基礎年金又は障害厚生年金を意味しています。 市町......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

障害者をあたたかく支援:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/handy/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット