身体障害者手帳の申請・交付


身体障害者手帳の申請について、具体的にどのように手続きをすすめていけばいいのか?
初めての方にはちょっと解りづらいと思いますので、簡単な申請までの流れをご説明します。

身体障害者手帳の申請には、市町村の障害者福祉課が窓口となります。初めての方は市役所かなと思うようですが、微妙に違っていたりしますので ^ ^

福祉課にて身体障害者手帳の申請をお願いすると、まずは障害の内容を聞かれると思いますので該当の部位をお伝えください。すると各部位別の身体障害者診断書・意見書を渡されますので、身体障害者福祉法第15条に基づく指定を受けた医師に診断書を書いてもらうことになります。

ここで、そんな医師が誰なのかは普通わからないと思いますので、ここは福祉課窓口の方に聞けば調べて教えてもらえますのでご安心ください。

身体障害者手帳の申請には、診断書の他に本人の顔写真(縦4センチ・横3センチ)と印鑑が必要になります。これらを用意して再び障害者福祉課へ行き、身体障害者手帳の交付申請書を書きます。
これで1ヶ月から3ヶ月以内に手帳が交付されます。
実際の身体障害者手帳交付の際には、健康保険証と印鑑と写真が必要となります。


 >>身体障害者手帳申請のオススメ書籍(送料無料)<<

身体障害者手帳を交付されましたら、メガネなどの補装具を一部の自己負担で購入できるようになりますので、窓口で聞いてみてください。メガネの場合では日常生活用具の給付申請となり、メガネの見積書と前年の所得税の額を証明する書類も必要となってくるようです。
身体障害者手帳を交付された方の負担額は一律ではなく、所得に応じて負担額は変わるようです。


また下記のフォームから、福祉支援サービスの有効活用方法を解説した無料レポートをダウンロードいただけますのでぜひ登録してみてください。
☆レポートの対象となる読者さまは、障がいのあるお子さんを育てているご両親向けの内容となっています。障害者向けの内容ではありませんのでご了承ください☆

氏名
姓: 名:
E-Mail ※

行政の福祉支援サービス有効活用方法の詳細はこちらからご覧いただけます。

★管理人オススメのお得なサービス活用情報★



この記事のタグ

サイト内関連記事

身体障害者手帳と等級
身体障害者手帳とは、身体に障害を抱える方が健常者と同等の生活を送るために必要な......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

障害者をあたたかく支援:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterlibrary.com/handy/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット